【エッセイ】熱を出した子供が元気すぎるのなんで

上の子が38度8分の熱を出しました。心配です。

 

 

普段は保育園に連れて行くのですが、今日はもちろんお休みでした。

 

保育園に行かないのは大変ですが、その分「9時までに保育園に連れて行く」というタスクがないのはとても気が楽です。

 

それで、今日は半休をもらって(土日が引き延ばされたような感覚になりました)、家で子供の面倒をみていました。

 

おままごとをしたり、テレビを見たり、飽きたらまたおままごとをしたり、いつもと100%変わらない調子で延々と遊んでいます。一回もお昼寝をせずに。

 

「保育園に向かうパパと娘」というお題のリアリスティックなおままごとを何回も何回も繰り返しやります。途中僕のほうから「ごめん、ちょっと休憩させてくれない?」と打診するも、全然休ませてくれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで?

 

 

なんで子供っていつもと変わらない調子で、普通に喋ったり動けたりするんだろう。冷静に考えると、すごくないですか。

 

38度以上の熱を出したら、少なくとも僕だったら頭が朦朧としてずーーっと眠っていたいです。遊べっていわれてもムリです。喋るのもやっとだし、おままごとなんてセリフとか考えなきゃいけないし、twitter眺めるくらいだったらできるとしても、つぶやけって言われたらやっぱり無理です。

 

ウサイン・ボルトだって熱でたら家で大人しくポカリスエット飲んでるのに(たぶん)。幼児は人類最強じゃないかとたまに真剣に思っています。人類最強である幼児はそこいらじゅうに豊富に生息しています。末恐ろしいですね。

 

子供だから、熱だしてるのに元気でも、不自然な感じがしないといえばしないですが、これが大人だったらとても違和感があると思うんです。

 

「おはようございます。本日は39度近く発熱してますけど、元気なのでいつも以上に仕事を頑張りたいと思います」みたいな同僚がいたら怖いですよね。ちょっと一緒に仕事したくないな、と思っちゃうかもしれません。

 

むしろ社会人とか親の場合は、熱が出て休みたいのに、休めないことが多いような気がします。熱を出しても子供はいつも通りそこにいますから。

 

今なんか特にリモートワークが発達してるから、「熱出ても家でできるじゃん」みたいな空気感になったとしても、おかしくないわけです。

 

明示的にそんなことを言われるようなことは決してないですが、リモートだとなんか休みづらいような、そんな空気感を感じます。僕が勝手に思っているだけかもしれません。

 

「熱が出たから、1日中寝ていられる」権利って大人になるにつれて相対的に無くなっているんですね。大人は「1日中寝ていられる権」が喉から手が出るほど欲しいのにそれはかなわないんです。悲しいですよね。

 

それで、子供は「1日中寝ていられる権利」を湯水のように潤沢に持っているのに、あまりそれには価値を感じていなくて、それよりも「遊びたい」欲求の方が優っているということでしょうか。

 

 なんて

 

 

 

もったいない。

 

なんで大人しくねんねしていないんだ!

 

 

そもそも幼児に大人しさを要求するのが無理ということですかね。大人じゃないんだし。

 

何歳になったら、熱を出すと寝込むようになるんだろう?(個人差あり?)いや、でも熱だして寝込んじゃったりしたら、それこそ心配するから元気の方がいいのかな?

 

何歳になったら、僕が熱だしたときに「パパ、熱で体調悪そうだから今日はおままごとしないでおこう」という倫理観が醸成されるんだろう?(関係ない)

 

 

早く熱が下がるのを祈るばかりです。