【はてなブログ】スマホで記事にタグづけをする方法

はてなブログってパソコンだと記事にタグ付けできるのに、 スマホ版のブラウザだとタグ付けができないんですよね。 なんでですかね? 不便ですよね。


今この記事はスマホchromeブラウザで書いてるんですが、下図のようにタグ付けをするためのメニューがありません。


Android版のはてなブログアプリでもやっぱりタグ付けできなさそうなんです。


というわけで、今回はスマホでタグ付けする方法を試してみます。

方法は、ブラウザの右上にある3点ドットマークをクリックして、「PC版サイト」にチェックを入れるだけです!



スマホの下書き画面でもタグづけするメニューがでてきました。


さっそく、タグを登録します。





しかし、問題があります。


これをやった結果、バグりました。





正確にはバグったというか、勝手にhtml形式になってしまったり、本文がすべて引用になったり、肝心のタグもついてません。


やっぱりスマホ版でタグ付けはやめたほうがよいのでしょうか?


今後も調査が必要そうです。

追記

その後おなじようにテスト記事を書いて、スマホでタグ付けをしたところ
うまくいきました。なので、今回の事例は特殊かもしれません。

aglio-olio-meiryo.hateblo.jp



See you again!

【エッセイ】ぶあついハンバーガーの食べ方についての考察

今日、桜木町ワールドポーターズにある、ハワイ風のハンバーガーショップに行きました。

 

それで、そこのハンバーガーが結構ぶあつくて、正直これ一息にいくのきつくない?っていうレベルだったんですよね。

 

じゃあ、パンとハンバーグたちを解体して個別に食べるかというとそれはなんか違うんじゃないかとおもうんですよ。

 

ハンバーガーは、ハンバーガーとして一括で食べるからハンバーガーなのであって、パンとハンバーグとレタスとトマトとパンをそれぞれ個別に食べたら、それはもはやパンとハンバーグとレタスとトマトとパンであって、ハンバーガーではないと思うんです。

 

伝わってますか?

 

ハンバーガーは、専門分野の異なるそれぞれのパーツが有機的一体として強固なチームとなり、口のなかに放り込まれてはじめてハンバーガー足りえると思うのです。

 

でも、そんなことをいうと

 

「口がちっちゃくて、一息に食べるのが難しいからしょうがないじゃん」という人が必ずいます。

 

しかし、それは論点がずれています。

 

僕はハンバーガーを構成するパーツを個別に食べる行為は、ハンバーガーを食べる行為とはならないと主張しているのであって、ハンバーガーを一口に食べる能力は別の論点だと考えています。

 

個別に食べる方法自体を否定しているわけではないのです。

 

そんなことを考えながら、口を大きく開けてハンバーガーを無理やり食べていました。

 

すると目の前で妻がハンバーガーを丁寧に解体しはじめました。パンとハンバーグとレタスとトマトとパンに。

 

そして、それぞれのパーツをナイフで細かくカットしながら食べはじめました。

 

それはまるで寿司ざんまいの社長が手際よくマグロを解体しているかのようでした。

 

自分のハンバーガーの食べ方に対する論調をここで主張すべきかどうか悩みました。

 

しかし、これは絶対に口論になるやつです。僕は妻が想定する反論に対抗する反論を考え、反論の反論の反論を想定しました。98%の確率で僕が負けてしまうことは確実でした。

 

それに外出先で人の食べ方についてとやかく言うのも、細かいやつだとか思われそうです。

 

というわけで僕は妻の食べ方には一切何も言わないことにしました。人は人、自分は自分です。

 

結局、このブログの存在は妻も知っているので、同じことになるのですが。

 

最後の方は手が汁でベタベタになりながら、完食しました。(ハンバーガーって最後の方、謎の汁がでますよね)

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

【はてなブログ】gifがアップロードできない!と思いきや、できていた話

 

こちらの記事にgifファイルをアップロードしようとしたときの話なのですが、

aglio-olio-meiryo.hateblo.jp

 

 

なぜか、アップロードに失敗するんですよ。

 

 

 

gifファイルで容量が重いからかな?と思い調べてみると、

 

別の記事には、10MB以上のファイルがアップロードできないという情報がありました。

 

しかし、今回アップロードしようとしたgifファイルは2.4MBです。

 

なんで?

 

なんで?

 

と思いながらがちゃがちゃやっていると、

 

 



あれ、なんかある?

 

アップロードに失敗した、かと思いきやなぜかアップロードできている!

 

なんかしたかな、と思って記憶を手繰り寄せていると、

 

 

アップロードに失敗した後に、再度ブログのページを開き直していたんですよね。

 

それでもう一回試してみました。

 

その結果、アップロードに失敗した後、しばらく(数分)してから

 

F5キーを押すと、

 

アップロードできている

 

ということが判明しました。

 

 

謎な仕様ですが、失敗しても諦めてはいけないということですね。

 

Press Your F5 Key !!!!

Never Give up !!

 

See you again!

 

 

 

 

 

 

 

 

【はてなブログ】自分の記事につけちゃったスターをこっそり消す方法(PC/スマホ)

自分が書いた記事をぼーっと眺めていました。

 

特にスターのところを、(あんまりついてないなあ)と眺めていました。

 

そしたらつい、手が滑ってしまって、自分の記事に2回スターつけちゃいました。

わざとじゃないです。

 

 

 

このままだと、街を歩いている少年に「ママ―、あの人自分の記事にスターつけてるよ。プププ。おっかしー」と笑われてしまいそうなので、なんとかして消したいです。

 

試行錯誤してみた結果、スマートフォンではどうしても削除画面にたどり着けませんでした。

 

なので、PCでみてみます。一番左の+がついたスター(黄色く塗ったところ)にカーソルを当てると、虹色のスターが上に出現します。

 

 

 

こいつを押してみます。

 

 

するとこんな画面が出てきました。

 

これの下向き↓を押すと

 

 

 

誰がスターを押したのかわかる画面がでてきます。その画面で消したい人(今回は僕)にカーソルを合わせると横に×ボタンがでてくるので、それをポチっとクリックすると消えました。

 

 

いや、わかりづらいよ!笑

ドンキーコングのボーナスコインのありかくらいわかりづらい!

 

 

ひとまずこれでひと安心です。少年に笑われることもないでしょう。

 

ちなみに、スマートフォン版ではブラウザをPC版にすると、

同じように消すことができました!

いや普通にスマホ版でもできてほしいんだが。

何かしらやりかたがあるのだろうか。

 

 

 

備忘を兼ねてこちらに書いておきます。

 

おしまい。

 

 

 

【調査】寿司打のスコアを伸ばすために大切なことを重回帰分析により実証してみた

唐突ですが、寿司打って、おもしろいですよね。

 

たまにやると、ついつい面白くなって(というか意地になって)何回もやっちゃいますよね。

 

わたしも例外ではなく、一心不乱に寿司打にのめりこんでいた時期がありました。

 

それで、平均キータイプ数が5を超えたくらいから、一向にスコアが良くならないというか、停滞しました。

 

なんで?どうやったらたくさん寿司を食べられるんだろう。 

 

と思い、Excelで寿司打管理表をつけるようになりました。(下図参照)

 

寿司打をしては、ひたすらお得金額と平均キータイプ数、ミスタイプ数を記録していきます。全部で118件です。

 

ちなみにそれぞれの項目は結果画面のこちらから持ってきています。

 

スピードがすべてではない?

その結果、見えてきたのは、ミスタイプ数を減らした方が良いということです。

 

こちらの図は、X軸(横)が平均キータイプ数で、Y軸(縦)がお得金額(スコア)です。見ての通り、キータイプ数が増加するほどお得金額も概ね増加しています。

 

しかしよく見てみるとベストスコアである7,220円は平均キータイプ数が5.4の時に出ています。平均キータイプ数が最も速い5.7key/秒のサンプルではスコアが6,700円です。

スピードが速いだけでは、スコアが高くなるわけではないことがわかります。

 

ミスタイプが少なければスコアは伸びる?

 

こちらの図は、X軸がミスタイプ数で、Y軸がお得金額(スコア)です。

 

平均キータイプ数と比べてバラつきはありますが、ミスタイプ数が多いほど、概ねお得金額も低くなっています。

 

この理由として2つ考えられます。1つは単純な時間のロスです。

 

バーっと文字を打ってるときにミスタイプをすると、どこでミスをしたのか一瞬考えますよね。そこでほんのわずかに手が止まります。その一瞬の積み重ねが、時間のロスにつながってると思うんですよね。

 

2つ目が、ミスをすると右上の時間追加ゲージ(っていうのかな?)がリセットされてしまいます。ミスをしなければ、1秒、2秒、3秒とボーナスがもらえるので、その分だけお寿司を食べる時間が増えます。そうすると当然スコアが向上するんですね。

 

多少遅くてもゆっくりとミスをしないようにタイプするように心がけたところ、すごくイライラするようになりました。神経を使いますよね。

 

それでも、スコアは伸びるようになりました。

 

 

結局スピードと正確性ってどっちが大事?

スコアを高めるにはタイピングスピードもミスのない正確なタイプも両方重要だということがわかってきました。

 

じゃあ、結局どちらがどのくらい大事なんですかね?

それ次第では、今後の戦略も異なりますよね。

 

というわけで、今回はその謎を調べるため118件のデータを活用して、統計的分析を行いたいと思います。

 

分析手法としては重回帰分析を用います。

 

重回帰分析は目的変数(お得金額)の値を複数の説明変数(平均キータイプ数とミスタイプ数)でどのくらい説明できるか(相関係数がどのくらいあるか)を分析するものです。

 

この分析をすることにより、平均キータイプ数とミスタイプ数からお得金額の予測式をたてることができます。

 

仮説は、以下の通りです。

  1. 寿司打のスコアは平均キータイプ数の影響を強く受ける
  2. 寿司打のスコアはミスタイプ数の影響をマイナスに(わりと)強く受ける

 

 

Excelで重回帰分析をする

 

重回帰分析はExcelのアドインで簡単に実施できます。

 

ここでは備忘を兼ねて簡単に手順をご紹介します。もちろん「そんなん知ってるよ。はよ分析結果が知りたいよ」という方は、人差し指を思いっきり下にスクロールして頂いて、ページ下部の分析結果を見て頂ければと思います。

 

Excel分析ツール設定手順

1.[ファイル]タブよりオプションを開きます

 

2.[アドイン]から[分析ツール]を選択して、OKを押します。


3.[開発]タブの[Excelアドイン]をクリックします。

 

4.[分析ツール]にチェックを入れて、OKをクリックします

 

これでアドインが入りました。

さっそく重回帰分析を実施したいと思います。

 

重回帰分析の実施手順

1.[データ]タブの右端にある(わかりづらい)[データ分析]をクリックします。

 

 

2.このようなポップアップが出るので、[回帰分析]を選択して、[OK]をクリックします。

 

3.回帰分析の設定画面が出ます。

[設定値]

入力Y範囲:目的変数(お得金額のD列)のデータ範囲を入力

入力X範囲:説明変数(平均キータイプ数 E列、ミスタイプ数 F列)のデータ範囲を入力

 

分析精度を知りたいので、有意水準チェックボックスにチェックを入れておきます。

出力オプション:分析結果の出力先を指定します。今回は[回帰分析結果]という新規シートに出力することにします。

 

 

8.先ほどの設定画面でOKをクリックすると、回帰分析の結果が表示されました!

 

 

 

重回帰分析の結果を見る

ちょっと上の画面を見てもよくわからないかと思いますので、下の図に簡単な説明を加えました。

 

 

 

重決定係数R2は0.64ですね。まずまず高い方でしょう。サンプルサイズが大きければもっと高くなるんですかね。それとも何か別の要因があるのでしょうか。

 

有意Fは十分小さいので、有用な回帰式を得られたと言えそうです。

 

係数はX値1(平均キータイプ数)が3,123.6であり、X値2(ミスタイプ数)が-60.1582でした。やはりミスタイプ数はスコアと負の相関関係にありそうですね。

 

t値の絶対値は説明変数への影響度ということです。ミスタイプ数は9.89なので、そこそこスコアに与える影響は強そうです。しかし、やはり平均キータイプ数(12.69)の方が影響度合いが大きいですね。

 

P値は係数の有意性を示すとのことです。いずれの変数も十分に小さいので問題ないでしょう。

 

重回帰分析の結論

1.ミスタイプ数が増えれば増えるほど、お得金額は減少する

2.平均キータイプ数が増えれば増えるほど、お得金額は増加する

3.平均キータイプ数の方が、ミスタイプ数よりもお得金額に与える影響度は強い

4.寿司打のお得金額の予測式は以下の通りである

 

 

(おまけ)予測式の精度を検証した

さっそく実際に寿司打をやってみて、予測式に当てはめた場合の実績との差異をみてみましょう。

 

 



割と個人的には良いスコアがでました。しかし、上には上がいますね、、、。

 

いえ、目的は予測式の精度の検証でした。

 

ExcelにD列のような関数を組み、平均キータイプ数とミスタイプ数を入力するとお得金額の予測値が自動的に計算されるようにします。

 

 

予測値では8,037円、実績値は9,200円でした。誤差は1,162.8円!

 

 

 

うん。

 

 

 

なんともいえないですね!

 

 

結論

・寿司打のスコアを高めたかったら、何よりもスピードが大事。だけどミスタイプも少なくなるように正確なタイプを心がけましょう。

・本当にうまくなりたかったら、このような無駄な分析はやめて寿司打をしましょう。

 

今後の課題

・タイピングスピードを速くするためにはどのような対策が最も効果的か

 

 

おしまい

【エッセイ】「海辺のカフカ 上」をいつまでも借りているあなたへ

海辺のカフカ 上」を借りているあなたへ


お身体の体調はいかがですか?


ぼくはちょっと前から村上春樹の作品を読破しようと思い、彼のデビュー作である「風の歌を聴け」から執筆順に長編を読んでいます。合間に短編集も読んでいます。

基本的には図書館で借りることにしています。2週間に1回のペースで通っています。

1か月ほどまえ「スプートニクの恋人」を読み終えました。なのでその流れで「海辺のカフカ」を借りようと思ったところ、文庫本の棚には「海辺のカフカ 下」しか見当たりませんでした。


誰か僕みたいな人が上巻だけ借りてるんだなあ、と思い、ハードカバーの棚を見てみました。


やっぱり、「海辺のカフカ 下」しか見当たりませんでした。デジャヴュ、と思いました。

でもそのときは、「上」だけ借りているということは、あなたが読み終わったらきっとすぐに返すだろうと思い、予約はしませんでした。


それで、2週間後に図書館に行きました。今度こそあるだろうと思い、「む」の棚を覗きました。


意外にも「海辺のカフカ 下」しか見当たりませんでした。もちろん、ハードカバーの棚も同じでした。


やっぱり予約しておけばよかったと後悔しました。まさか、あなたが延滞するなどとは思ってもいなかったからです。


それでも予約はしませんでした。なにか意地のようなものが出てしまったのかもしれません。悪い癖です。


そのまた2週間後までの間にぼくは本屋に行き、ピカピカの「海辺のカフカ」を眺めました。


それで、先週の日曜日、やっぱり図書館には「海辺のカフカ 下」しかありませんでした。










え、どうしたんですか?

日々お忙しいことはわかっています。でも、ルールはルールですよね。


というか、はじめに「海辺のカフカ 上」を借りていたあなたは、今もあなたのままですか?


もしかして、あなたが「上」を返したそのすきに別の誰かが、上だけ借りたということですか?



だとしたら、なんで「下」を借りないんですか?もしかして、上を借りたのはよかったものの、途中で読むのやめちゃったから「下」はいらなくなったんですか?わかります。痛いくらいわかりますよ。僕も同じようなこと何回もやってきましたから。



下巻って不遇ですよね。



でも、「下」だけ残っていると何かしら希望が見えてしまうんです。



村上春樹って、執筆を重ねるごとに、物語が進化していくというか、明らかに作家としての力量がインフレしているのを感じられるのが良いですよね。


だから、どうしても執筆順で読みたいんです。「海辺のカフカ」を読まないと、「1Q84」や「色彩を持たない多崎つくる」が読めません。


もしかしたら「そんな読みたいんだったら、買えばいいじゃん」と思われるかもしれません。でも今買ってしまったら、僕がこれまで待っていた1ヶ月間には、どのような意味をもたせればよいでしょうか?


もしこの記事を読んで、「私のことだ」と思いましたら、速やかに最寄りの図書館に「海辺のカフカ 上」をご返却いただけますと幸いです。


よろしくお願いいたします。


僕より